~大切な人と大切な時間を過ごすためにすること~

【注意】Google Analytics(アナリティクス)の情報が消えてしまいます!

WRITER
 
グーグルアナリティクスデータ保持
スポンサーリンク












この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォーから人生を楽しむ事にチャレンジ中! 年齢なんてタダの数字でしかありません! 迷える同年代の、何かの気づきになるようなブログにしたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

グーグルアナリティクスデータ保持

アフィリエイトやオウンドメディアを持っていない人には関係のない記事になります。

2018年4月27日にGoogleから下記表題のメールが届きました。

 

[Important Notice] Data processing terms for the General Data Protection Regulation (GDPR) available for review / acceptance

 

google翻訳をするとこんな感じです。

 

[重要なお知らせ]レビュー/受諾可能な一般データ保護規制(GDPR)のデータ処理条項

 

GDPRとは一体なんのことやらと調べてみると、

GDPRとは?
GDPR(General Data Protection Regulation:EU一般データ保護規則)は、EUにおける個人データ保護に関する法律です。1995年に施行された「Data Protection Directive 95(EUデータ保護指令)」(以下、「現行法」という)に代わる法規制として2016年4月に制定、2018年5月25日に施行されます。

との事です・・。

法律に関する事なので非常に難解ですが、今回は法律のお話ではありません。

法律の内容を知りたい人は、「GDPR」でググって下さい。

 

今回お伝えしたい事は、この法律が施行される事で、アフィリエイターやオウンドメディアを運営されていて、Google Analyticsに登録をされている方々のデータ保持が、今までは無期限だったのが「26か月」で消失してしまうという事です。

簡単に言えば、この法律が施行される事により、「明確な本人の確認がなくデータを保存してはならない」という事らしく、正確にはデータが消失するという事ではなく、何もしなければデータは「26か月」で消失してしまいますよという事です。

僕もグーグルアナリティクスに登録をしていますが、アクセス解析やキーワード選定ですごく重宝しています。

しかも長く使えば使うほど、たくさんのデータが蓄積されるので、メディアを運営(アフィリエイト、オウンドメディア)している人にとってはなくてはならないものです。

グーグルからのメールは全文英字なので、当初はスルーしていたのですが、あぶないあぶない・・大切なデータが消失してしまう所でした。

 

という事で、Google Analyticsデータが消失してしまわない為の設定をお伝えします。

Google Analyticsのデータ保持期間変更方法

Google Analyticsにアクセスをして下さい。

以下、画像の手順に従ってください。

「管理」をクリック
グーグルアナリティクス

「トラッキング情報」をクリック
グーグルアナリティクス2

「データ保持」をクリックグーグルアナリティクス3

 

「26か月」をクリック
グーグルアナリティクス4

「自動的に期限切れにならない」をクリック
グーグルアナリティクス5

「保存」をクリック
グーグルアナリティクス6

以上です。

複数GoogleAnalyticsに登録している人は、「プロパティ」で登録サイトを変更して、上記①~⑥を繰り返して設定して下さい。

一つのサイトを設定するのに1~2分程ですので、忘れないうちに設定をしておきましょうね。

 

LINE@ ~お友達募集中~

友だち追加
「複業で自由を手に入れる」
お得な情報を配信するかも!?

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォーから人生を楽しむ事にチャレンジ中! 年齢なんてタダの数字でしかありません! 迷える同年代の、何かの気づきになるようなブログにしたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら






スポンサーリンク
<script>” title=”<script>


<script>
<script>


<script>

Copyright© 40代から毎月10万円を貯金する方法 , 2018 All Rights Reserved.