仕事で電話をたくさん使う人が格安SIMに乗り換えない方がよい理由は2つです。

1つ目の理由:かけ放題の分数が短い

3大キャリアに「かけ放題」があるように、格安SIMにも「かけ放題」をプランで用意している所が多くあります。

ただし、格安SIMは「5分かけ放題」「10分かけ放題」が主流です。

5分・10分かけ放題とは
「5分かけ放題プラン」なら通話時間5分まではプラン内の月額料金で何回でも通話が可能です。
通話時間が5分になる前に切り、再度かけなおすとまた5分以内は月額料金内で通話ができます。
「10分かけ放題」も同じで、10分以内の通話を何度でも月額料金内で繰り返し利用する事ができます。
通話時間をオーバーした際は、20円/30秒・10円/30秒のどちらかで月額料金に加算されます。

私の経験上、仕事で電話を多用するような人は、まず5分や10分のかけ放題では時間が足りません。

スマホ料金を安くするために格安SIMにしたのに通話料金が加算されたら本末転倒ですよね。

これが1つ目の理由です。

仕事でも使うけど「私は5分、10分のかけ放題で大丈夫!だから格安SIMに変更する!!」

という人も2つ目の理由を必ず見てくださいね。

2つ目の理由:通話品質の問題

結論から言うと、今までと同じような通話なら3大キャリアと通話品質は一切変わりません。

しかしネット上では「通話品質が悪い」「電話がかかるまでが遅い」など低評価も多くあります。

でも通話品質は一切変わらないのは嘘ではないんです。

”今までと同じような通話”ならですが

結局皆さんはこの言い回しに引っ掛かって「騙された!」「通話品質悪いだろ!!」って言っているわけです。

どういう事かというと、大手キャリアも格安SIM業者も通話回線は同じものを使っているので品質は変わりません。

しかし、「20秒/30円の通常通話の時のみ」という条件が付きます。

格安SIMにかけ放題を付けた時点でこの条件から外れます。

その理由は、「かけ放題」には専用アプリが必要で、その専用アプリが採用している通話回線が格安SIM業者によって違います。

格安SIMが採用している通話方式は以下の3つです。

LINEなどのSNSを利用した通話は「IP電話」を採用しています。

LINE通話は切れる事も多いので「IP電話」を採用している格安SIM業者は避けるべきかなと思います。

ほとんどの格安SIMは「プレフィックス」を採用しています。

「プレフィックス」を使った感想は、発信を押してからコールが鳴るまで「いつもの音声通話」より3秒ほど長いです。

掛かってしまえばストレスらしいストレスはありませんが、通話品質が少し低下しているのも事実です。

しかし、格安SIMにも少なからず高品質の「いつもの音声通話」を使ったサービスも存在します。

Y!mobileがアプリなしの高品質のかけ放題を提供しています。

なにより音声通話の品質を優先したい人は「Y!mobile」を中心に他のシムを比較するとよいでしょう。

仕事でよく電話をかけるけど格安SIMに変更したい場合は、通話方式を必ず確認するようにして下さいね。

ちなみに私はペンギンモバイルの「15分かけ放題」(プレフィックス通話)を利用していますが、何もストレスはありません。

先ほどお伝えした「発信を押してからコールが鳴るまで3秒長い」くらいですが、ストレスになるレベルではありません。

15分もあれば大体の用事を済ます事ができるので、私にはちょうど良いかけ放題ですごく助かっています。

ペンギンモバイルが気になる人はこちらを見てくださいね。

おすすめの記事